フラワーシェフ
Signin

のりくらこうげん(乗鞍高原)の一ノ瀬園地の水芭蕉群生地へ行く(長野県)

L e others 500
撮影:FlowerChef編集部

長野県松本市安曇野のミズバショウ群生地

のりくらこうげん(乗鞍高原)のいちのせえんち(一の瀬園地)は水芭蕉の群生地として有名です。
ここの水芭蕉は毎年5月のゴールデンウィーク頃から見頃を迎えはじめます。

標高1500メートルの乗鞍高原ならではの景色

一ノ瀬園地では透明度の高い池に映る水芭蕉、森のなかに突如あらわれる水芭蕉の群生などアルプスならではの光景が愉しめます。

この時期の乗鞍高原を訪れる際は防寒対策や長靴・トレッキングを準備することをお薦めします。
標高1,500メートルは平地との気温差が約10℃ほどあり、5月でも寒さを感じ足元には雪が残ります。

晩夏ごろ

Absent from Pride Weekend in the USA but celebrated with the changing 紅葉 leaves in the Japanese mountainside

Denton Williamsさん(@drwill6)が投稿した写真 -

初秋ごろから澄み切った空と紅葉のコントラストがみごと

#乗鞍岳 #乗鞍高原 #色づき始め #乗鞍スカイライン #紅葉始め

Daisukeさん(@daisukey0304)が投稿した写真 -

この記事でとり上げられている花

Instagramにご投稿いただいたお写真

InstagramのFlowerchefアカウントでは#flowerchef_tokyoタグにて、たくさんのお花のお写真を集めております。
撮影されたお花のお写真をご投稿ください。Flowerchefのトップページにてご紹介させていただきます。