フラワーシェフ
Signin

東京のお花見に穴場はあるのでしょうか?

Dsc01486
撮影:FlowerChef編集部

1. 東京にはサクラの名所がたっくさん

ざっと検索するだけで、すぐに20個所ほどお花見ができそうな場所がわかります。旅行雑誌にも都内のサクラの情報であふれてきます。

2. 花見シーズンは遠方からもたくさんの人が訪れます

3月の後半から、都内はサクラ目当ての人々で溢れかえります。東京の名所なかでもとくに「新宿御苑」なんかは人の多さに驚きます。
大型観光バスが列を成し止まり、苑内への入場規制がかかるほど。

3. 混雑のあまり心から楽しめない花見

人の多さに、トラブルが起きているのも事実です。花見を楽しむには、場所取りがものをいいますが、遠方からいらっしゃる方はそれができません。せっかく来たのに座れず、歩き回らざるを得なかったり、座れてもゴミ箱やトイレの近くだったりします。

4. 穴場はおそらく存在しないかもしれません

お花見シーズン中は、サクラを独り占めできるような穴場は都内にはないかもしれません。穴場は、いろんなメディアに取り上げられ、今や穴場でなくなっています。「昔は、ゆっくりサクラを楽しめた場所なのに…」なんてことはたくさんあります。

5. 東京で花見をゆっくり楽しむには?

では、名所も穴場もダメなら、いったいどうやって花見を楽しむのか?それは「サクラをメインとしない花見」をすることです。

6. 春から咲き始める花のついでにサクラを楽しむ

春はサクラ以外にもたくさんの花が咲き始めます。そのような花の名所もいくつも存在します。
そして、花が名所になっているような場所には、高い確率でサクラの木があります。

サクラの名所は混雑しますが、サクラはあるけど違う花が名所のところは、案外空いています。
例えば、新宿御苑や千鳥ヶ淵での花見は早めに切り上げて、サクラがメインじゃない場所で花見をする感じです。
少ないながらもサクラと春の花を楽しむことができます。

Instagramにご投稿いただいたお写真

InstagramのFlowerchefアカウントでは#flowerchef_tokyoタグにて、たくさんのお花のお写真を集めております。
撮影されたお花のお写真をご投稿ください。Flowerchefのトップページにてご紹介させていただきます。