フラワーシェフ
Signin

アルストロメリア(百合水仙)について

  • 分類
  • ユリ科

  • 鑑賞

  • 別名
  • ユリズイセン(百合水仙)

アルストロメリア(百合水仙)の鑑賞が楽しめる季節は春、夏です。
アルストロメリアの値段は1本あたり¥200〜¥300程度で売られています。

花言葉は、「未来への憧れ」、「エキゾチック」、「凛々しさ」

別名「百合水仙」で、チリを中心にブラジル、ペルー、アルゼンチンなど南米に100種近くの野生種が分布していることから、「ペルーの百合」、「インカ帝国の百合」などの異名もあります。花の最盛期は5~7月ですが、四季咲き性の品種は春から晩秋まで花を咲かせます。

名前はスウェーデンの植物学者アルストロメールに由来すると言われています。
日本には大正末期に入ってきたそうですが、本格的に栽培が始まったのは、1980年以降だといわれています。
現在では品種改良がすすみ、暑さに強く、日本の気候に合った園芸品種が数多く栽培されています。切花品種の他、鉢物用の品種も開発され、生産されています。

県内では、土浦市、笠間市、常陸太田市などで切花生産が盛んで、夏の暑い時期には根茎部を冷やす、『地中冷却法』が導入され、品質の向上や秋冬期の安定的な開花、出荷に積極的に取り組んでいます。

花色や大きさが豊富で、花もちもよいアルストロメリアを暑い夏の彩りに加えてみてはいかがでしょうか。
茨城県農業総合センター

アルストロメリアをステキに生ける方も

今日の生花 冬には紫の花が合う 雪冠杉にストック、アルストロメリアをアクセントカラーに混ぜシャリン梅を立て動きを出しています。 #生花 #いけばな #生け花 #冬の生花 #アルストロメリア #Alstromeria #flower #winter #JAPAN #flowerphoto

Mayumi tsuzukuさん(@mayumitzk)が投稿した写真 -

%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%a2

Instagramにご投稿いただいたお写真

InstagramのFlowerchefアカウントでは#flowerchef_tokyoタグにて、たくさんのお花のお写真を集めております。
撮影されたお花のお写真をご投稿ください。Flowerchefのトップページにてご紹介させていただきます。